強風で飛ばされそうになった

蓬莱山(1,174m)  滋賀県大津市  山と高原地図 比良山系

 行った日 ’08.4.19
 天   気 曇りのち晴但し強風
 行った人 打見山まで25名、そこから先23名(おおさか発楽しい山歩きコミュの人達)

 この前、坊村から御殿山への登りで敗退していたので、リベンジを考えていたが、遂に積雪期には果たせず、そんな時、コミュで南比良縦走のイベントがあった。早速、参加表明をしたが、何せ、3月の初めに氷ノ山に行ってから山らしい山に登っていないので、皆に着いていけるか自信がない。事前にリーダーにその旨を告げて置いた。
 当日は4時半に起きて、朝ご飯を食べ、5時半前に家を出て、5時56分の電車で大阪に・・・大阪駅のコンビニで買い物をし、7時45分の湖西レジャー号で堅田に向かう。堅田からは定期バスに乗る予定だったが、20数名という大人数だったので、臨時バスを出してくれた。

 平のバス停でおり、準備をして出発、道は前日来の雨で濡れていたが、空は段々晴れてきている。
 貸し切りバスの車内

 暫く国道を歩き、左に入っていきます。

登山口

凄い人数です。

 暫くは車も走れるような道を歩きますが、その内植林帯に入り、ダラダラ登りの急坂が続きます。この坂の途中では、もうヘロヘロ、トップの次に付かせて貰って、ゆっくり登って行きます。1時間20分程で権現山に到着、ガイドブックのコースタイムより30分も早い。しんどいはずだ。

 稜線に出ると視界が開け、真正面に琵琶湖が青く見える。皆が歓声を上げる。


 ここからは右側に琵琶湖を見ながら、気持ちの良い稜線歩きです。道は前日の雨でドロドロ、下りは滑らないように気をつけて歩きます。



 権現山からホッケ山、小女郎峠を経て小女郎池に、そこで小腹を見たし、蓬莱山を目指します。

 雪も残っています。

                            こんな地蔵さんもありました。

 小女郎池

 ここから一登りで蓬莱山の頂上です。この辺から益々風がきつくなります。やっとの事で、頂上に着きましたが、頂上では記念写真も撮れないぐらい、何せカメラを構えていても飛ばされそうになります。

 余りにも風がきついので、ゲレンデを歩いてロッジの方に下る。


 ゲレンデを下った鞍部にあるスキー場の施設の建物の陰で食事をしようとするが、風がきつくて、コンロのフードもずっと手で持っていないと飛ばされる。やっとの事でカップラーメンを食べ、ゴンドラ乗り場の方に歩いていくが、本当に飛ばされそうになる。

 ゴンドラ乗り場に着くと、運良く14時15分の最終のゴンドラに間に合った。(その後は強風に付き運休)

 大型のゴンドラだが、途中で止まった。

 何とか、下の駅まで無事降りたが、駅に行くバスはない。色々ショートカットしながら、駅の方に歩いていく。その途中に里山を歩くことになり、その中にイワカガミの花があった。道に出ると、ワラビを取ってる人達がおられ、僕が取ったワラビは進呈した。
 ゴンドラの駅から数10分は歩いたであろうか、やっとの事で志賀駅に着けば、強風のため、JRは運転見合わせ中、代行バスのことを聞いても運転手の手配が出来ないとのことで埒があかない。仕方なく、タクシー5台を呼んで堅田駅に・・・皆は大阪で反省会をするとのことであったが、僕は駅まで車なのでお断りし、帰宅した。

 ゴンドラ有り場にあった置物

今日のコースタイム(食事・休憩含む)
 
平 9:32−権現山 10:51− ホッケ山 11:35−小女郎峠 12:00−小女郎池 12:04−蓬莱山
 12:47−ゴンドラ乗り場 14:00