自然学校利用 社会教育団体 家族・グループ




【 自 然 学 校 の 場 合 】
 
 1. 構成各市郡町教育委員会へ利用希望の申入れ
 2. 各教育委員会から希望状況報告
 3. 利用日程調整会議(各教育委員会へ自然学校利用期間割り当て決定)
 4. 自然学校利用校・利用日決定
 5. 自然学校指導者研修会参加(4月〜6月)[下見打ち合わせ1回目]
 6. 下見打ち合わせ[2回目]及び活動場所の実地踏査(利用の約1ヵ月前)
 7. 利用許可申請書提出(利用の15日前まで)<郵送またはファックス可>
 【利用許可申請書類へ】


【 小・中学校、高等学校、少年団体、社会教育団体の場合 】
 
 1. 仮申込書提出(12月中旬〜翌年1月31日までの期間)
[構成市町内外を問わない]
 2. 利用日程調整[構成市町優先]
 3. 利用日決定(2月中旬) 調整終了日以降、随時申し込み受付
 4. 利用団体指導者研修会参加(5月)[下見打ち合わせ1回目]
 5. 下見打ち合わせ[2回目]及び活動場所の実地踏査(利用の約1ヵ月前)
 6. 利用許可申請書提出(利用の15日前まで)<郵送またはファックス可>
利用許可申請書類へ


【 家族・グループの場合 】
 
  電話で問い合わせの上、所定の利用申込書にて申し込んでください。
  ■ 利用できる期間及び利用申し込み

  ● 4月1日〜夏休み前までの利用
     [受付]3月1日から(構成市町外は3月10日から)
    ● 夏休み〜翌年3月31日までの利用
     [受付]6月1日から(構成市町外は6月10日から)
    ※ いずれも最終申し込みは利用日の10日前までです。
 【利用申込書類へ】


丹波少年自然の家は、阪神(尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝恷s・川西市・三田市・猪名川町)と丹波(丹波市・篠山市)の9市1町で構成される事務組合立施設です。


戻る